2006年04月25日

春の日差しに照らされたからなのか、はたまた、ポセ父さんの努力が実を結んだのか・・・・
最近のポセは、何だかご陽気・・・
少しだけれど、皆さんにもおすそ分け。



このムービーを、優しい目をした一頭のゴールデン リトリバーにささげます。


Byポセ父さん

s_bn2.gif


ランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログへ



ニックネーム ポセイドン at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

家庭訪問の季節

我が家の二本足の子犬どもも、新学期が始まって早半月。
そろそろ家庭訪問の季節です。今日我が家にも幼稚園の先生が家庭訪問に来たそうで・・
やっぱり、親といたしましては何か問題でも起こしていないかと心配なわけで。下のチビ助なんかは、性格がそのまんまラブの子犬でして・・情けない・・。案の定、幼稚園にバスで到着すると同時に園庭ではしゃぎまくり、先生の呼び戻しもあまり効果がないようです。ただ、そこはそれラブなもんで授業が始まる前にはエネルギーを発散しきってしまうようで、その後はきちんとトレーニングいや授業を受けられるそうです。
まるっきりラブ夫くんのかれは、やっぱり褒め言葉に弱くってトレーナーいや先生が注目している限りはコマンドに従ういや言う事を聞けるようです。

お兄ちゃんはと申しますと・・これがまた典型的和犬でして・・柴なのかぁ?飼い主いや親の言う事はそこそこ聞けるのですが、よその人にはなかなかなつきません・・・
頑固、強情の代名詞のような奴でして・・・なさけない・・・
でも、一年も訓練所いや幼稚園に行っておりますと、そこはそれ、それなりにトレーナーいや先生の言う事も聞けるようになってきたようです。

んで、ここは犬ブログですから、この枕話から無理やりにでも犬の話題に持っていかなければ成りません・・・少々無理があるとは思いますが、お付き合い願いたい。


後の話しに付き合う
ニックネーム ポセイドン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

久しぶりに、小理屈

退屈したらごめんね・・

DSC00084.JPG


世の中には、沢山の躾本があるよね。
ポセ父さんは、その中に書いてあることは、すべて正しい事だと思っている。嫌悪刺激を用いていようが、肯定強化だろうがすべての記述は正しいと思う。ただし、その著者が今までに経験した事のある犬については、と注釈は付くんだけれどね。

ポセ父さんは、躾本や犬について書かれた書物は、自分にとって辞書やバイブルにはならないと思う。どう言う意味かって?
たとえば、ポセ父さんもそうだったのだけれども、一冊の躾本を手に入れてそのとおりに犬を躾ける、何か問題が有るたびに、その本のページをめくってそれに該当する項目を見つけて、そのとうりに実行する。一見、最新で人気のある躾本なら正しいような気がするでしょ。でもね、ポセイドンはポセイドンであって、その著者が見たわけじゃないって事だね。そう言った本がポセイドンにぴったりと当てはまるのかな?
答えはNOだと思っている。

じゃ、ポセ父さんにとって躾本や犬の本はどう言うものなのか?
ます、ポセ父さんは一冊の躾本ですべてを満たす事は出来ないと思っている。父さんが躾本を読むのは、犬についての知識を増やすためなんだ。
ポセの場合は、この本のここと、あの本のここ、その様な感覚なんだな。

ポセイドンの事だって、時間がたてばたつほど色々な事が解ってくる、解る為、理解するためにも知識は必要だと思う。
上手く言いあらわせないのだけれども、犬についての読み書きソロバンが出来ないと犬を理解するのが難しい。言いかえれば、犬についての読み書きソロバンを知っていると犬を理解しやすいってことかな。

じゃ、どうすりゃいいの?
ニックネーム ポセイドン at 22:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

一晩たったからってさぁ〜

タイトルを読んでいただけば、察しはついたと思いますが・・・

一晩寝たからってネタがわくわけではないんだね・・・

普通ブログってーと、ちょと洒落た写真が一枚か二枚あって、短くってもピリッと小粋な台詞なんかが入ってる。そんなブログに憧れちゃうな。
ポセ父さんもとっから理屈っぽい上に、あつかう内容がトレーニング(最近の記事のどこがトレーニングじゃい!)でしょ。説明すっから文章がついつい長くなるし・・・

ポセ父さんだってね・・ブログの最後に「今晩の一皿」なんて言ってさ、晩御飯のおかずとか酒の肴とかの画像をさりげなーくピラッといきたいけどさ。ここのところ、晩御飯は仕事が忙しいんで・・・コンビニの調理パンだしさ・・「今日の一皿・・コロッケパンとカレーパン」じゃねぇ〜。

ポセももう少し気を使って、何か変わった事でもしてくれれば良いのだけれどね、奴は気を使うタイプじゃないしね。
いまだってぐたーっと寝ているし、こうなるとチョッと憎らしいです。

むかっ(怒り)こうなったら、奴の恥ずかしい写真を上げてやる!!



続きを読む
ニックネーム ポセイドン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

正直いって・・

ネタがない・・・


まずい・・


しかし、ないもんはしょうがない・・・・


何かないか?










あった!!


最近、地道に試みております、愛犬腹乗せ修行のかいあってか、はたまた季節が春になったからなのか?真実のほどは定かではないのですが



ちかごろ、ご陽気な性格に変貌しつつあるポンタロウ君。
どうなちまったかと言うと・・・

おもちゃをぶんなげて遊ぶようになった。?普通だって?
うちのポンタロウ君はねぇ、手元に置いたおもちゃでちまちまと遊ぶ子だったんです。
それがですよぉ〜、くわえたおもちゃを、ポイッとなげてわっと襲い掛かるといった、とーってもアクティブ遊び方が出来るようになったんでえーす。


あとは・・・・

あっ おもちゃを持ってきて「あそぼ!」って出来るようになりました。
引っ張りっこだって。ほらこのとうり・・・

うん?やっぱ証拠の写真だよな・・・

あり?カメラがない・・・

うぐっ、ねいちゃんちに貸してしまっておったのだね・・・・

でもほんとなんだってばぁ〜

2005_0513画像0015.JPG

僕の目を見て!ほんとだよ! byぽせ


初の皆勤なるか!!励ましのぽっちっとおねがい

にほんブログ村 犬ブログへ



ニックネーム ポセイドン at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

だって、忙しいんだもん

本日多忙につき、これにてご容赦!






とうちゃんが更新をサボらんように、愛の鞭を二発!よろしく!

にほんブログ村 犬ブログへ




注意 とうちゃん変な趣味ではありません・・念のため

ニックネーム ポセイドン at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | アキレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

タブー

むかしむかし、あのドリフターズのカトちゃんが「ちょっとだけよん」って踊ってたあの曲の題名ですが、今日の内容には一切関係ありません。

で、ポセ父さんは犬ブログを書くに当たっていくつかのタブーを持っている。今まで書かずにいたのはチョッと卑怯かとも思うのだが、わけあって今回書いて見ようと思う。

一つめのタブーは、「攻撃性に通ずるような犬の問題行動について書かない事」なぜなら、事が重大すぎるんだよ。ポセ父さんが書いたことを記事にしろコメントにしろ、攻撃性のある特に人を咬むような犬の飼い主がポセ父さんの言うとおり実行したとしようか。運よく攻撃性が収まればいいけどね、いかなかった時には、人が怪我をするか、犬が歯を削られてしまうとか最悪の場合犬の命にかかわっちゃうでしょ。人を何度も咬む犬はセンター送りって相場が決まってる。
犬を見ることもなしに重大な問題行動に対して素人であるポセ父さんができる最良のアドバイスは「よいトレーナを見つけて、人犬ともにトレーニングをお受けなさい」だな。決して「鼻を噛め」でも「耳を噛め」でもなくって、ましてや「犬の口に奥まで手を突っ込め」じゃないんだ。
仮に、自分の犬で成功していても、違う犬に効力がある!と断言できんでしょ。だからこの事に関しては書かないことにしている。

二つ目のタブー、最近あやまったばかりなのだけれど・・・
内部のことを知りもしないボランティア団体や個人を批判したり中傷しない事。当たり前だね・・・・できてなかったけどさ・・
地道に努力を重ねている人達の邪魔はしないに越した事がないですね。
ですから、これも書きません。

三つ目のタブー、海外の情報をそのまま流さない。これは、?と思うかもしれませんが、日本と欧米の犬はもしかすると全く違う生き物かもしれないと思っております。生活環境や社会の違い、何より犬を道具として使ってきた文化、どれをとっても違いすぎる。情報に対してはまず、ポセイドンに犠牲になってもらって(笑)試してからでないと、責任がとれません・・・
ですからこれは試したのち書くかも知れません。
あっ!行動学の基本的な文献はべつよね。

四つ目のタブー、自分の犬にしていないトレーニングについて語らない。
なぜって?結果がわからないからです。まねして良くなってくれりゃー良いですがね、そーともかぎらんでしょ。

基本的に言って、ポセ父さんは素人なのね。大人になってからキチンとトレーニングと言えることをした犬は、まだ三頭。ポセイドン、アキレス、ミッキーだけだものね。そんな人が他人様の犬についてアドバイスなんて奥がましくって。

このブログを読んでいる皆さん、できれば「素人でも自分の犬を訓練する事は可能なんだなぁ」とか「自分の犬はどうなんだろう」と思って読んでくれたら幸いです。上手く言えないのですが、自分の犬との関係を見直したり、トレーニングを始めるきっかけになればと思って書いてんのです。

RIM00002.JPG

この子はだーれだ?


にぽち・・お・ね・が・い・・・

にほんブログ村 犬ブログへ



気持ちわりいぞ!!とうちゃん!!(ポセ)



ニックネーム ポセイドン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

カレーライス

2005_0513画像0016.JPG

本日の主人公(二本足のほうです・・)


家のマー兄ちゃんも今年幼稚園の年長さんになった。
なにやら年長さんになると、お泊り会なるものがあるんだそうな。
ようは、幼稚園に一泊子供と先生で泊まるといったイベントなんですがね。
その準備がすでに始まっていると聞いて、ポセ父さんチョッとびっくり!

猫娘(妻)の話しによりますと、マー兄の行っている幼稚園は子供たちに考えて決めさせるといった教育方針なんだそうだ、(入園時にチャント説明してあると猫娘に怒られました・・)
んで、どのようになるかと言うと、「さて、お泊りするのに何がいるでしょうか?」って先生の質問にやれ、布団がいるだの、パジャマがいるだのと子供たちは考えて答えていくんだそうだ。中にはプレステが絶対必要だ!と言い張る子や、死んでもクマさんは連れてくるといったツワモノまで登場するらしい。
そんなことを約三ヶ月間するのだそうだ。気の長い話だ、しかし、子供たちだけで、食べ物やら何やと決まってくるから不思議だね。

でもね、ちゃーんとそこにはトリックがあったんだ。
たとえば「晩御飯には何が食べていですかぁ〜」と先生が聞くと、ハンバーグやらチャーハンやら色々子供たちは答える。この答えで、先生方はその子のうちの食生活が分かるんだそうです・・・恐ろしい・・
まさか・・マー兄ちゃん「納豆かけご飯!」とか「インスタントラーメン」とか言ってないだろうな・・・事前にわかっていたなら、「ステーキ、ミディアムレアで」ぐらいの台詞は仕込めたものを・・残念!

さてそのトリックとは、先生「どうせ、ご飯を作るんだったら、みんなの畑(園児たちが育てている)にあるものを使いたいよねぇ〜」と一言。
すると、お調子者の家のチビみたいな奴が「賛成〜」とか言うわけさ。
んで、そのころ畑にあるものは、にんじん、たまねぎ、ジャガイモ・・・
さて、問題、この材料で何が出来るのか?・・・カレーライス?シチュウ?
たいていの子供はカレーライスなんだそうだ。かくして先生の思惑どうりに今年もお泊り会の晩御飯はカレーライス!!なのだそうです。

さてぇ〜、なぜに犬ブログで子供ネタなのか?と思うでしょ?
この先生たちが使っているトリックには実は犬のトレーニングと同じ事がふくまれているんだな。
巧みな誘導(プロンプト)とタイミングを逃さないフィードバック、そして、自分たちが決めたと思わせるすり替え。

先生たちが使う言葉のプロンプト、犬をトレーニングに使うプロンプトどちらも同じだね。であるなら、きっちりとさせたい動作を連想する、ヒントになるプロンプトをださんといかんのね。たとえば、座れ!の一本指は、犬の目線もしくは頭の動く方向を犬が連想する、ヒントになってないといかんてわけだね。

ちなみに、プロンプトの意味の中には  刺激, 促進, 誘発;思い出させるもの, ヒント(となるもの), ほのめかし. というのがある。

この、ヒント、ほのめかしと言うのが実はトレーニングの重要な部分なのではないかなと思うのであるよ・・

犬にベイトやハンドサインのプロンプトを送る時、このカレーの話しをチョッと思い出してみてはいかがかな?

48327152211f9.jpg

子供たちが自分で考えて色々な事を言う、その中で望ましい答えに「そうですねぇ〜、良くわかりましたね××ちゃん」と褒め言葉をあげる。

犬だと、犬が考えて色々な事をする、その中の望ましい行動に「Good!」と褒めてご褒美。

子供とぼくらって・・にてない? ポセ談


二ポチお願い!ポセ父さんもベイトがほしぃ〜

にほんブログ村 犬ブログへ






ニックネーム ポセイドン at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 躾け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

あの子が帰ってきた日

48年前の今日、四月十四日 先日 紹介したあのクドリャフカが地球に帰って来た日です。
しかし、彼女は生きてもどることなく、小さな流れ星となって燃え尽きました。

今日、あなたの犬は笑っていますか?

クドリャフカはきっと、これが終わったら家に帰れると信じていたことでしょう。

この悲しい物語は今も続いているのです。
信じていた人間に裏切られたことも知らずに、今日もどこかで息を引き取った犬がいるのです。

あなたがもし、犬と暮らし始めたら 決してその手を放さないで下さい。
犬は、裏切る事を知りません。悪戯やあなたをこまらせることもするでしょう。
しかし、彼らはそれが悪い事だと知ってはいないのです。

どうかお願いです・・・

犬と一緒に暮らすすべを身につけてください。

Play Bow にはそんな思いがこめられています。




ランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログへ



ニックネーム ポセイドン at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

ライカ

今日こんなサイトを見つけた・・・

凡さんという方の作ったフラッシュアニメのサイトだ。


題名は クドリャフカ


見てごらん・・


ポセ父さんはいい年をした男である、でもね・・涙が止まらんかった・・


この国では年間約16万頭の犬達が意味もなく殺されている。
意味がある死ならよいと言っているわけではないんだよ。

犬は人を信じるように創られている、そういうふうに人が作り出したのだから。ましてや人の手で育てられ、人を信じることを教えられた彼らが人をどう思って逝くのか・・・
今一度考えてほしい・・・


人は親になったら子供に責任がある。
では、人類が生み出した犬と言う子供に、責任はないのか?

クドリャフカは彼女の最初で最後の仕事のために、従順にトレーニングされ
その仕事をまっとうした・・・

ポセ父さんは何時も言っているように、トレーニングとは信頼関係を築くものだと信じている・・

人が、犬と築いた信頼を裏切る事のないように、心から祈る・・・


クドリャフカとは巻き毛の女の子と言う意味だそうだ


ランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログへ





ニックネーム ポセイドン at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする