2007年08月03日

友情のためのレシピ

用意するもの。
コップになみなみ2杯の忍耐心と、心からの愛。
両手いっぱいの寛大さと笑い声。
頭をいっぱいにつかって、人を理解する心。
そこに親切心と信頼とを気前良くいっぱいにふりかけ、これを良く混ぜる。
そして、一生の間、出会うすべての人にそれを振舞い続けること。

同僚の机の上に飾られていたメモに書かれていた文章です。
これは人との付き合い方を教えてくれる文章なのですが、犬や猫ペットとの付き合い方にもあてはまるのではないでしょうか?

ペットにそそぐ愛情は何かの見返りを望んでの事ではないはずです。
○○が出来ないから・・・○○出来るようになってほしいから・・・
世話をしたり可愛がったりするのではないはずです。

僕のポセイドンも4歳になりました、飼い主である僕の努力が足りなかったせいか、何かすごいことの出来る犬にはなっていません。
今でも恐がりですし、人見知りですが彼について誇れる事は、彼が家族といることを心から望んでいることです。

家族が幼稚園や学校、職場から一人また一人と帰ってくるたびにポセイドンは全身を使って嬉しさを表します。

犬と言う生き物は生まれ付き、友情のレシピを知っているようです。
犬の道理に会わないことでもじっと我慢して人に合わせる忍耐心と、人を信じて疑わない愛情。
鼻の先から尻尾の先までの寛大さ。
飼い主を見るときの犬の笑顔。

犬は自分を愛してくれる飼い主を愛してやみません。
でも彼らが僕たちに求めることは、命ある限りいっしょにいることだけなのです。

DSC00785.JPG









ニックネーム ポセイドン at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/987463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック