2005年10月25日

預かりボランティア・・・

DSC00062.JPG

つい最近、預かりボランティアを経験した。
三ヶ月間の短い期間だったが色々と思うことがあった。
一つは、預かり犬と先住犬の問題だ。どんなに相性が良いと思われる犬同士でも先住犬にかかるストレスは計り知れない。仮に先住犬に一日あたり二時間かけていたとしよう、当然二頭になれば四時間時間だ。日々の生活にかける時間が変わる訳ではない、当然一頭にかけられる時間は減少するのが当たり前だろう。
時間が減少すれば当然犬との信頼感に何らかの影響があるはずだ。
ポセ父さんは、一頭のアキレスでさえ(余り問題のない子だった)ポセイドンに影響があったと思う。
ましてや二頭三頭はたまた五頭以上の預かり犬を抱えたらどうだろう?
先住犬に問題が出はしないのだろうか?
犬の幸せを考えると果たしてそれは良い選択なのだろうか?
幸せを考えてやらなければならない犬は一番に自分自身に責任のある犬ではないのか?
多くの犬を救いたいのは理解できる。しかし自分の犬も幸せにする対象だろう。完全な預かりボランティアになるためには、犬を飼わないことが必要なのではないのか?と自問してしまう今日この頃だ。




ニックネーム ポセイドン at 01:52| Comment(4) | TrackBack(2) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
灯台モトクロスになっちゃいけないよねぇ〜可哀想な犬を助けているうちに、気がつけば可哀想な犬がうちに……悪夢です。

ところでさ、写真の使い回し多くない?
Posted by 犬猫屋敷の管理人 at 2005年10月25日 02:09
以前、預かりをしていた時期もあったのですごく共感しました。
先住犬の性格はこれから多頭飼いをしようと思っている方にもよく考えて欲しいと思います。
レスキューされてくる子は、脱感作の必要な子も多い。
脱感作は時間がかかるものです。
先住犬がいる場合、新参者より先住犬を沢山構ってやらなければなりません。
家族という「群れ」の中での今までの順位も危うい物になってしまうし、
私は新しい子がきた時は、数日、可哀想でもほとんど構いません。
でも、脱感作が必要な子や人間不信・社会化不足の子にそれができる?
といつも思ってしまいます。
我が家では、うちの群れは2階、預かりは1階とエリア分けを行いますが
それでも、他の子と接すれば臭いや音で犬達にはわかります。
出張訓練に出てきた日は、身体中の匂いを嗅ぎます。
私の我が侭を許してくれている子達が不憫に思う事もあります。
だって、リーダーが他の群れの世話をするって、おかしいですよね?
預かり犬を入れる場合、独占欲の強い子や、分離不安、
テリトリー意識の強い子がいないというのは私的には【絶対条件】なので、
綺羅が来てから2階エリアには預かり犬は入れることは出来ません。
やはり、「飼う」という事の意識がどこまで?という部分が問題になるのでしょうね。
Posted by ちはりん at 2005年10月25日 02:28
こどもでも、犬や猫でもおざなりに扱っていたら、ある日突然、とんでもないことが起こると思う。Choco.がきてから気持ちも時間もChoco.にとられているって感じています。ふうは持病があるのでそれなりに気をつけてみているのに、ピッチは健康なので後回しになりがちです。だからご飯をあげるときや、ダッコするときはまずピッチからって決めています。一番手がかからない子を一番に気遣ってあげなければと思います。それに、自分がどれだけの時間をその子たちのために使えるか、目を配ってあげられるか考えるとおのずと適正頭数って決まってくるでしょうね。
Posted by 女系猫猫犬家族 at 2005年10月25日 13:51
犬遊びが大好きなのに、お友達がメッチャ少ない子ですので、そんなてでぃの為にも多頭飼いでも預りでもとにかく家に遊べる子がいたほうがいいだろ。などと単純に思っていたのですが。。。
犬について知れば知るほど、みんなが無理なく幸せに「生活」できるような共存がどんなに難しいことかわかりつつありますので、まだまだ当分は無理だと自覚せざるおえない今日この頃です。

Posted by かーちゃん at 2005年10月25日 14:02
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/97727
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

バセット的性格
Excerpt: 近ごろ犬猫屋敷は訓練が大流行である。本格的に姫の引っぱり矯正を始めたのを境に、いい加減な「ツケ」のコマンドしか入っていないツチノコ兄弟に関しても改めてしつけを入れ直している。もうすぐ7歳になるというの..
Weblog: 犬猫屋敷の管理人日記
Tracked: 2005-10-25 01:55

秋の日・・・。
Excerpt:  {/arrow_l/} ちょっと小さくて見えにくいけどはなみずきの赤い実がたくさんありました。 朝一番の散歩はにおいをかぎながら歩くのでとってもゆっくりです。だからわたしもあんまり急がずに道端に..
Weblog: ピッチとふうとChoco.
Tracked: 2005-10-25 14:33