2007年07月23日

折鶴

先日、何年かぶりに折鶴をおった。
病気と闘うある人の為に。
小さな折り紙を心をこめておった。
人の為に何かをする事がこのごろ少なくなっているような気がする。

その人は、母親で、歌手でまた人の為に生きる人。
母親として最後まで病魔と戦い、歌手として最後まで人に癒しを与え、そして同じような病の母親と子どもがいっしょにすごせるように病院に24時間の託児施設をと訴え続け・・・・

人のこの世での存在はいつかは消えるもの、その人の行動や思いは永遠に続くもの。



平和を求める祈り

アッシジの聖フランシスコ

神よ、私をあなたの平和の使いにしてください。

私が、憎しみあるところに、愛をもたらすことができますように。

いさかいあるところに、ゆるしを

分裂あるところに、一致を

迷いあるところに、信仰を

誤りあるところに、真理を

絶望あるところに、希望を

悲しみあるところに、喜びを

闇あるところに、光をもたらすころができますように助け、導いてください。

神よ、私に、慰められるよりは、慰める事を

理解されるよりは、理解する事を

愛されるよりは、愛することを望ませてください。

自分を捨てて始めて自分を見出し、ゆるしてこそゆるされ、

死ぬことによってのみ、永遠の生命によみがえることを深く悟らせてください。






ニックネーム ポセイドン at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/959342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック