2006年11月30日

紙くず

チョッと想像して見て下さい。
大きな広い建物のホールに、一つぽつんと紙くずが落ちています。
ハンバーガーの包み紙の用でもあり、いかがわしい広告を誰かが丸めて捨てたようにも見えます。

さて、あなたならそのゴミをどうしますか?

自分が捨てたのではないのでほおっておく?

誰がこんなところにゴミを捨てたのだと怒る?

捨てた奴に片付けさせようと、捨てた奴を探す?

そして、そこで掃除をしている人を見つけたとします。

あなたならどうしますか?

きちんと片付けろと掃除をしている人をしかる?

「それがお前のしごとだろう、それで食っているのだろう」と。

その人は無償で善意から自発的に掃除をしているのかも知れません。
それでも文句を言うというのは、愚かしく腹立たしい事だと僕は思います。正しい行動は皆さんはもう知っているはずです、紙くずを拾ってゴミ箱に入れるだけでいいのです。

最近、何かと話題になっている広島の話はどうでしょう。
アークエンジェルについて、僕自身は何も知りません。取りざたされているような事が実際にあるのかもしれません、しかし、僕自身が確かにそうだ!と言い切れる事実をつかんでいるわけではありません。
内部にいたと言う人の告発と言う形でしか知ることが出来ません。
証拠はあるのか?
無いのであれば何故あそこまで問題にするのでしょう?

犬を保護して新しい家族に縁付ける事は簡単なことではありません。
このブログのきっかけになった、アキレスを新しい家族のもとに送り出した経験からそう思います。
経済的にも、精神的にも何よりも責任から、プレッシャーを感じつつボランティアは犬を保護して幸せにしようとしているのです。
はたから見て、ぶきっちょに見えても効率が悪く見えてもその当事者は精一杯やっているのです。

文句を言うことは簡単に出来ます、ゴミを拾ってゴミ箱に捨てることもだれにだって簡単に出来るんです。

そして僕はこうも思います。
人が人の行動を変えることは出来ないと。
自分以外の人間の行動を思いのままに変えることはどんな方法をとってもできないのです。
人を非難するより、自分の行動を変えてみてはいかがですか?

非難の書き込みをしている時間があったら、里親探しをしている犬や保護ボランティアの宣伝のための書き込みをしてみたら?
自分のサイトやブログにバナーを貼ってみたら?
また、本当に不正が行なわれていると思うのであれば、とことん突き詰めて自分の目と頭で調べてみたら?
そして、本当に不正が行なわれていたのなら、迷わず告発するべきです。
犬が苦しんでいるのだから!と手を振り上げるのであればそうするべきではないのでしょうか?

たかが犬の命ですが、あなたの行動で死んでいく犬が増えたり減ったりするのです。

紙くずを拾っている人を見たら、その人がピンセットでチリをつまむような効率の悪いことをしていたのならなおさら、自分も一つゴミを拾ってゴミ箱にはこんでみてはいかがでしょうか?









ニックネーム ポセイドン at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする