2006年04月24日

家庭訪問の季節

我が家の二本足の子犬どもも、新学期が始まって早半月。
そろそろ家庭訪問の季節です。今日我が家にも幼稚園の先生が家庭訪問に来たそうで・・
やっぱり、親といたしましては何か問題でも起こしていないかと心配なわけで。下のチビ助なんかは、性格がそのまんまラブの子犬でして・・情けない・・。案の定、幼稚園にバスで到着すると同時に園庭ではしゃぎまくり、先生の呼び戻しもあまり効果がないようです。ただ、そこはそれラブなもんで授業が始まる前にはエネルギーを発散しきってしまうようで、その後はきちんとトレーニングいや授業を受けられるそうです。
まるっきりラブ夫くんのかれは、やっぱり褒め言葉に弱くってトレーナーいや先生が注目している限りはコマンドに従ういや言う事を聞けるようです。

お兄ちゃんはと申しますと・・これがまた典型的和犬でして・・柴なのかぁ?飼い主いや親の言う事はそこそこ聞けるのですが、よその人にはなかなかなつきません・・・
頑固、強情の代名詞のような奴でして・・・なさけない・・・
でも、一年も訓練所いや幼稚園に行っておりますと、そこはそれ、それなりにトレーナーいや先生の言う事も聞けるようになってきたようです。

んで、ここは犬ブログですから、この枕話から無理やりにでも犬の話題に持っていかなければ成りません・・・少々無理があるとは思いますが、お付き合い願いたい。


後の話しに付き合う

ニックネーム ポセイドン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする