2006年03月23日

一歩踏み出すために。

今日はポセの話はお休みです。

前に書いた「ここんとこが足んないのか・・」と言う題名のブログにも書いたとおりポセ父さんと仲間たちは、今犬猫達に必要なあるボランティアサークルを立ち上げようとしている。
いま少し立てば内容について書くことも出来るのだが今のところは準備段階なので控える事にしよう。

ただ、ポセ父さんが個人的に気がかりな事は、以前からポセ父さん自身が里親会や保護団体について批判を繰り返してきたことだ。
正直、今は不当な批判も多々してしまったと悔いている。
ここのところを自分なりにクリアーにしておかなければ今後どのような形で活動するにせよ自分がゆるせなくなってしまうのではなかろうかと思う。

ポセ父さん自身は批判のつもりで書いていたとしても、読み手にとっては非難に取れてしまうこともあったことだろう。またポセ父さん自身が特定の個人や団体に対して書いたつもりであっても「里親会や保護団体、ボランティア」といった不特定多数をさす呼び名で記事を書いてしまっていることにも自ら恥じるしだいだ。読み手にとってこのような表記では真剣に取り組んでおられる団体や個人も皆同じひとくくりのものとして感じとれてしまう。
我が敬愛するコーチは現在とある保護団体の預かりボランティアをしている。彼女から話を聞くにつれ、極限に近い状態でボランティアに貢献している人々がいることを思い知らされた。
一番自分が恥じているのは、「自分自身を安全な環境においたまま」努力を重ねておられる人達を批判してしまったことだ。

ここに、心からお詫びします。

心無い批判にさらされてしまった貢献する人達へ

ごめんなさい

これからは批判する事を捨て自分に出来る事を少しでも多くやっていく所存です。


ポセ父さん

ニックネーム ポセイドン at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はどうでしょ?

宿敵○川急便が来た時に、さてさてポセ君はと言いますと・・・
今日もポセ父さんに「すわれ!」と言われちゃったもんだから、座って待っておりました。
今日はのっけから、「きゅん、きゅん」と鼻を鳴らして「開放してくれぇ〜」(もしかすると吼えさせろぉ〜)とせがんでおりました。今日は○川急便が来た事にしっかり気づいてしまっていたので「ワン!」と一声吼えはしたのですが、その一声も我慢してぇ〜くぐもった「ワン」でした。
進歩、進歩。吼えないと言う事が良い事「ポセ父さんが望んでいる事」だとすこーしわかってきたようです。
P251iS09218.jpg

じーっとしておるのは辛いんじゃ!

で、今日気づいたのですが、解除のコマンド(よし!とかOK!とか)はそれ自体がご褒美になっているのだなぁとつくづく思いました。
座れ!からよしと言ったときの喜びようを見ているとそう思えてならないのです。解除のコマンドが褒美として有効ならコマンドを継続させている時にあえておやつなどの褒美を与えるかどうかで悩まなくって良いわけだな。
と言うより、解除について特別に訓練は必要ないのかもね・・・
ただ、人間の方に継続的なコマンドに対しては解除が必要であるって事を忘れない事が必要なんだろうね。

そう言えば、ポセには特別にコマンドとして解除を教えてはいないのだな、ポセが何か継続的なコマンドをしているとき、ポセ父さんが「これで終わり」と思ったときには「よしっ」って言っていただけです。
終わりにしない時、まだ続けようと思うときはその姿勢が崩れたときに、もう一度コマンドしなおすだけでした。

とにかく、コマンドを継続させていると解除「よし!」が早く来ないか!と犬自体がただのコマンドを褒美に変えてしまうんだな。
つくづく犬って面白いと思う今日この頃です。


よろしかったら・・ぽちっとしてね・・



ブログランキング・にほんブログ村へ



ニックネーム ポセイドン at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする