2006年03月02日

驚き

昨日のブログで明日も良い日だったらいいのにと書いたでしょ。
書いてみるもんです、今日も良い事がありました。
今日といっても昨日から今日に変わる午前0時を少し回った時です。
仕事場で仕事をしているポセ父さんの所にスタスタと歩いて来たのです。
普段の彼はその時間ぐっすり眠っている時間帯なのですが、おき出してきたのです。
おき出した彼はポセ父さんに「クーンクーン」と鼻を鳴らしています。
「どうした?」と聞くと出入り口に向かって走っていってこっちを見ているのです。ポセ父さんは「腹でも痛いのか?」「ここでされたらタマラン」と思ってポセにリードとカラーを見せたら、なんと!!フラダンス状態の尻尾フリ!近寄っていくと飛びついて喜んでいます。

散歩に行きたいのかぁ


なんだそうなんだ!しかしポセが自ら散歩に行きたいと意思表示するなんて!普通の犬と同じ事が出来るようになったのかぁ・・・
寒い中いそいそと散歩に出かけるポセ親子だったのです。

P251iS09986.jpg


トレーニングの違い


ポセのトレーニングを始めてからいろいろな事を学んだんだ。
たとえば、犬のトレーニングに種類があるってこと。犬の仕事に種類があるってことはしっていた、盲導犬、警察犬、猟犬、家庭犬、などなど。当然それについて個々に訓練方法があるのは当然と言えば当然だね。
ポセが目指しているCD(コンパニオンドッグ)や警備犬の取るPD(パトーロールドッグ)など一般にとれる資格があんだ。訓練士やトレーナーにも専門と言うか得意な分野があるようです。どんな犬にしたいのか良く考えてトレーナーを選ぶことが必要なのかもしれませんね。
トレーナや訓練方法(嫌悪刺激を使うか否か、肯定強化なのか)は犬が選ぶことができません。飼い主である人間が気をつけてあげるしかないのかな・・

ニックネーム ポセイドン at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする