2006年03月01日

笑顔

今日はほんとうーにいい日だった。
なぜか?
先日もかいたとおりポセは現在ヒールのトレーニング中なのです。
今までは、リードにテンションがかかると戻ってはくるのですが、ポセ父さんの右側を通って後ろを回り左側のヒールの位置にくる(これってラウンド?笑)のですが、止まりもせずにそのまま「はいヒールに入ったでしょ!」と言わんばかりに前に出ていたのです。

そこで!!


今日のポセ父さんはポセがヒールの位置に入ってもリードを緩めず立ち止まっておりました。しばらーく考えているようでしたが、ポセが自分からリードの張りをとって ニカッと笑ってアイコンタクトをしてきたのです。

でかした!!ポセ!!

そうです、座りこそしませんでしたがこのアイコンタクトがほしかったのよぉー父さんは!
まだ、よし!で前に出てしまうのですがリードに張りがでてポセ父さんが動かなければ戻ってきて「にかっ」と笑顔です・・・・(涙)
何度も嬉しくってくりかえしていると徐々に考え込む時間が減って張りが出たらすぐに戻ってまた「にかっ!」「行ってもいい?」って聞いているようで可愛いったらありゃーしません!!
日々変化がないと思って腐っていた時期もありましたがこんな日もあるんですねぇ。

明日もこんな一日になれば良いのにな・・・
DSC00068.JPG

でへへ・・そんなに褒めんなよおやじ・・

お手の効能

ポセ父さんは不埒にも以前は「お手はいらない!教える必要なし!」とおもっていました。人にも公言していたしね・・・
でもね、教えてみるとこれが結構役に立つのさ。まず、自信が付きます、犬も人もね。褒める回数が増えます。本当の褒め方を人間が学べます。ちょこのおかあさんが言っているとおりです。どんなに演技力をつけたところで本当に心から喜んで褒める褒め方はできません。心から褒めているのと演技だけの違いは犬はきっと見抜いているんだな・・・

お手を教える事には、そのほかにも理由があってね、お手にはトレーニングの基本(人間にとって)が含まれているんだな。お手はある意味ターゲットトレーニングの要素(指示した物に前足で触れる)もあると思うし、また犬をだまくらかす方法も入っているんだ。だまくらかすってぇーのは、犬が自発的にした行動ではないのに、(犬は足を上げていないのに、だって人間が持ってあげているでしょ、最初)あたかも犬が自発的にしたように褒めるって事。これは後々役に立つんだそうだ、ターゲットトレーニングでターゲットを教える時(犬をターゲットに誘導して連れて行くや、ターゲットに触れさせる)や今仲間内でひそかなブームの「つん」もこれで教えられるんだよね。

高度なコマンドも簡単なコマンドの応用や積み重ねからなりたっているんだそうだ。まだポセ父さんには実感として確信できてはいないけれども、人間が物を学ぶ時も同じで簡単な基本を覚えることから始めるでしょ。
逆上がりが出来ないのに大車輪が出来るわけ無いしね。
犬と遊んだり、犬に話しかけたりそんな基本が出来るようになると犬も答えてくれるんだ、きっと。

ニックネーム ポセイドン at 23:54| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする