2005年10月28日

盆栽・・・

P251iS09986.jpg

ビビリ全開だったころ・・

最近にわかにトレーニングブームが沸き起こっておりまして。
べつにジャパンケンネルなんたらの証書がほしい訳ではないのですが。
周りでは、「犬とコミニュケーションがいっぱいとれるようになるのぉ〜」と仰るへんな姉−サンから、ただただ、誰かのコーギーがダウンステーできるのを知って、みょーに燃ておるムクイヌ二頭の姉ーさんやら、まったくもって大人気ないねぇ・・・
かく言う我が家でも、トレーニング真っ盛りでしてぇー。
しかし、ぽせちち家では理由がちと違う。
我が家の理由はと申しますと・・「ポセに自信を付けるため・・」なのである。であるからには切実な問題なのだ・・・

ご存知の方も多いと思うが、家のポセ、本名ポセイドンは筋金入りのビビリである。ポセイドン・・大海原の王の名を貰っているというのに・・
名前負けもはなはだしい。
ポセをもらって以来、我が家では「ビビリ撲滅ぅー!!」を合言葉に正に血もにじまんばかりの努力を重ねてきまして・・・
散歩に出ては、行程の三分の二をポセを抱っこして歩く(その時すでにポセは子犬とは言え今と同じ風体・・)など当たり前で、励まし飼育法の我が家ですので、もち「さあーあそこの電柱までいってみようかぁー」とか
「君ならできる!」などと、声をかけつつの散歩でありました。
全く持って変なおじさんです・・・
しかし、そのかいあってかポセも尻尾をピンと立て、鼻っ面を前に突き出して前足高く歩けるようになりました。

最近などは犬友達も出来まして、本人もお散歩が苦にならなくなったようです。
貰ってから一年でやっと「ふつうの子犬」なったみたいです、じゃれるし笑うしねぇー。(もう子犬っていえんか・・・)
DSC00068.JPG


おもてでよゆーの笑顔をかましているポセ


さて、トレーニングについてですが、自信のないビビリの犬には何か一個でもコマンドが入ってそれが出来るようになると自信と言いましょうか、なにやらビビリが影を潜めるようです。
ただ、元がビビリですからイキナリコマンドばっちりの犬にはならんようです・・黒松の盆栽の枝に針金を巻いて、少しづーつ少しずーつ形造っていく要領です。
イキナリ・・えいやっとやっつけますと・・ボキっといっちまいますからね・・・

これは、ふつーの犬にも言えることですがね・・・

少しずつ、少しずつそーっとね・・・

ニックネーム ポセイドン at 22:29| Comment(1) | TrackBack(2) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする