2005年10月08日

嫌悪刺激を用いた訓練で・・こんなんなっちゃいました・

DSC00128.JPG

ちはりんさんのブログで、論争?になっていた嫌悪刺激を用いた訓練ですが、多分にポセ父さんも用いておりまして・・
結果いろんなことが起きてしまっているわけです・・
何が起きておるかともうしますと、私ポセ父さんが居ないときにかぎって悪戯をするようになりました。なぜに〜?と思っとたんですが・・理由は簡単でした。犬ってーのは人間を個別に認識する事ができるそうです。
ゆえに、嫌悪刺激を与える奴(この場合ポセ父さん)は誰なのかちゃんと認識して、そいつがいないと、何をやっても嫌な事(嫌悪刺激)は起きないってちゃんと学習してしまっておるんですな。
そこで、最近はやりの天罰!!ってーのも試したのですが、これも、人間より耳の良い、人間より鼻の良い犬をだしぬいて誰がやったかわからんようにするなんて・・・どーしたらよいのよ・・・
だったら、肯定強化(ほめまくり)のほうがよーっぽど・・楽だわ。

DSC00157.JPG


ついでに言っちゃうと、雇ったトレーナーにいきなり嫌悪刺激を薦められるってーのは、医者に行って「胃潰瘍ですね・・」「手術しましょう」
って言われるのと同じ気がする。
リスクが少ない物から順にリスクの大きい物へと試して行って貰いたいもんです。
















ニックネーム ポセイドン at 01:07| Comment(5) | TrackBack(15) | 躾け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする