2005年09月23日

今日はチョッと真面目な話・・

まず断わっておくが、今日の記事はどこか特定の団体や個人について書いている
事ではありません。

みなさん里親会に行ったことがおありでしょうか?
僕は最近、アキレスという名の犬と、預かりボランティアとして一緒に生活して
いる。
今までは気がつかなかったのだが、自分の保護している犬を里親会に参加させる
ようになって気づいたことがある。それは、犬を保護している立場としては、里
親会というイベントは果たして最良なものなのだろうか?ということだ。僕の答
えは限りなくNOである。なぜなら、ともかく思い浮かべていただきたい。繋留さ
れた犬、ケージに入れられた子犬と猫、動物達にとってまったく知らない人間、
その人間が興味本位に犬猫を眺め触っていく。どこかで見たような光景ではなか
ろうか?紛れも無く、これはショーケース 型のペットショップだ。
ペットショップとは、犬猫の扱いも里親会が持っている意義や人の思いも違うこ
とは判っている。しかしだ、犬や猫たちにとって違いがあるのだろうか?
また、本当にその犬猫たちの普段の姿をみて家族に迎える判断が出来ているのだ
ろうか?普段と違う環境、いつも一緒にいる飼い主から離され(預かりボラン
ティアは彼らにとって一時的にではあれ飼い主だ)、動物たちは不安になってい
たり、興奮してはいないのだろうか?
理想的には、すべての保護動物が預かりボランティアの手によって飼育され、そ
こに保護動物を家族に迎えようと思う希望者が訪問するのが良い方法だと思う。
設備の整ったインフラを整備できない今は、この方法が希望者にも保護動物にも
最良な方法だと思う。
保護動物のためにも、人のためにも、訓練についてキチンとした知識のある人が
いて、獣医士やトリマーが常駐しているような、システムとして完成された保護
施設が出来ることを心から願うしだいだ。

多くの里親会が少数のボランティア(1から2人)中心になって活動している、
保護主の中には、一人で多くの動物を保護している人もいる。ここで大きな問題
は、彼もしくは彼女のうしろに組織やシステムが全く存在しない事だ。これが何
を意味するのか?保護主や中心的なボランティアに、何かの事情で保護活動が続
けられない事態が起こったとき、一度にはさばき切れない数の動物が保護を失う
ことになる。
僕は、保護事業はビジネスでなければならないと思っている(金儲けの意味では
ない)。ビジネスとは、中心になっている人物がどのようなことになっても、そ
の事業自体はなんら影響を受けることなく最初の理念のとうり続いていく事だ。

保護活動も進化しなければならないのかもしれない・・・

戦略と戦術をもって、何かできればと思う今日この頃です。











ニックネーム ポセイドン at 03:06| Comment(2) | TrackBack(2) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする