2005年08月31日

現代お散歩考

今日、でこぼこコンビと散歩に出かけたら、

なんとボーダーコリーがふっとんできた。
以前から危ない散歩の代名詞のような散歩の仕方をしている、ボーダー君である。曲がり角でポセ父さんはコーナーミラーに映った奴の姿を見逃さなかった。「あっやばい!」と思った瞬間おばさんの手からスルリとリードが抜け、弾丸の様に犬が吹っ飛んできた、ポセ父さんは、奴の姿をみとめた時にはすでに My Boyたちに待て!をかけてリードを短くしっかりと握って身構えていた。しかしだ、この吹っ飛んできた犬をいったいどーせいと言うのか?時間にして、0.5秒ほど考えた後、「仕方ない・・・このまま来たら蹴ろう・・」心に決めた(保護活動してんのに!犬が好きなのに、でもしかたないからなのね・・)。こう見えてもポセ父さんはその昔サッカーのジュニアリーグで鳴らしたお人なのである。ややアウトサイド気味に右足を振り出し怪我をせんくらいに奴の鼻図らを蹴ってやった。
これで、犬も飼い主も少しは注意するだろう。

そのおばはんは、リードのリングに手を入れず、犬の背中ばかり見て尚且つ引っ張られまくっていつも散歩しているのだ。力だって犬に負けている。雑種ではなく純血犬を飼うにあたっては姿形だけでなくその犬の特性を調べるぐらいして欲しい物だ。
我が尊敬するGUU教祖様などはグレイを迎えるにあたって、やはりそこは教祖様だけあって色々お調べになって熟考のすえ、すんばらしいパートナーであるグレイをお迎えになったのだそうだ。

話を戻そう・・
犬の散歩にあたっては、あたかも パスを受けドリブルしつつスペースを探している仲田 英寿の様に上体を上げ頭をしっかり回して周囲を確認しつつ歩いて欲しいものである。そうしなければ、どきたないタックル(突然出くわした犬に噛まれる)や靴底の見えるようなスライディング(車に人犬もろとも轢かれる)をくらってしまうのである。
皆様!他人に犬を蹴られるような散歩の仕方をなさりませんように・・・


アキレス君の新しい家族を探しています。

DSC00048.JPG
8ヶ月 ♂ 28Kg
ワクチン済

受診結果
全般的に異常なし

去勢 ワクチン済み

体重は現在の28キロを成犬になるまで維持してください、でないと腰を悪してしまいます。
軽い外耳炎がありますので治療を継続してください。

人好き!子供好き!遊び大好き!!

明るい性格の仔です家族みんなで遊んでくださるご家庭

待ってます!!



最近、小姑が増えた・・・



ただでさえ、姉4人の下に一人息子として生まれたポセの父ですが。
教祖GUUさまや女系猫猫犬家族さんや犬猫屋敷さん、めぐろのいぬやしきさん、なぁどなど二言目には「大ちゃん!だめでしょ」お叱りを受けとります。
昨日などは、GUUさんに「あんた!ポセはどーしたん?」と聞かれまして
こんなに元気ですぅーーー!










ニックネーム ポセイドン at 23:15| Comment(8) | TrackBack(2) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする