2005年08月27日

犬と子供

今日はチョッと長くなりそうなので、まず宣伝から。

DSC00057.JPG

アキレス君の新しい家族を探しています。

DSC00048.JPG
8ヶ月 ♂ 28Kg
ワクチン済

受診結果
全般的に異常なし

去勢 ワクチン済み

体重は現在の28キロを成犬になるまで維持してください、でないと腰を悪してしまいます。
軽い外耳炎がありますので治療を継続してください。

人好き!子供好き!遊び大好き!!

明るい性格の仔です家族みんなで遊んでくださるご家庭

待ってます!!




さて、ここからが本題。

先日、友人のにゃん・ピッチ・ふう・Choco.ママさんから電話が来ました。彼女のブログを参照していただければ解るのですが、彼女はつい一週間前にChoco.という犬と暮らし始めました。Choco.は彼女にとって人生で始めての飼い犬です。初めての子供を授かった母親の様に相当ナーバスになっている彼女に、Choco.の前の飼い主から「室内でケージに入れることと、リードにつなぐ事は虐待だ」と言ってきたのだそうです。

ちょっと皆さん想像して下さい。

まあ、広さにして12帖ほどのリビングルームの真ん中に高さ30センチほどの座卓を置きまして、その上にお菓子をタッパーウェアーに入れておきます。たす事に、おかーさんの化粧道具、はさみにカッターナイフおまけに油性マジックに、おとーさんのタバコとライターなんぞを取り揃えまして、そこへ、おしめをしていない2歳児を一人で置いておーよそ5分間放置してみます。さて5分後に部屋とその子がどの様になっているでしょうか?子供を育てた事が無くっても容易に結果が想像できるでしょ。

お菓子は食い荒らされ、顔中口紅だらけで、おしっこと、う○ちが床に広がって、なおかつタバコを食べちゃって真っ青な顔をした我が子を発見する事になります・・最悪の場合は火事でお家が全焼ですね。
こうなら無いために、子供から目を離すときにはベビーサークルに入れたりおんぶ(拘束)したりするわけですな。
まず、子供の安全のため、そして被害が無いようにその様な事を親はします。

これって虐待?

同じことを1歳未満の躾の入っていない犬にしたら、ほぼ同じ結果になることも想像できるでしょ。
犬の飼い主はまず犬の安全を確保しなければなりません。
サークルやケージ、リードはまず犬の安全の為に絶対必要だとポセの父さんは思うのです。


もっと腹立たしい事は・・・

里親会の中にもケージやサークルの使用を問題視するところがあります。
里親希望者は、ほとんどと言っていいぐらい犬を飼ったことの無い人です。その様な人達に適切なアドバイスやケアーが出来てこそ犬の事を考えた里親会であるとポセ父さんは信じます。
このブログを読んでいるこれから里親会などで犬を貰おうと思っている皆さんに、
ちょっとアドバイス。
まずどこの里親会でもアンケートを提出した後、審査とか面接とかが行なわれます。その時担当の人に聞いて見て下さい。「貴方は犬を飼っていますか?」犬を飼った経験が無い人が審査をしている里親会もあります。
「飼っているなら、どんな犬ですか?」超小型犬や特種な犬の飼育経験しか無いかもしれません。「犬をケージに入れて飼う事をどう思っていますか?」もしフリーで最初から飼えと言われたら、その里親会ではまともなアフターケアが受けられないと思ってください。


犬を飼う事と、子供を育てる事は限りなく等しい事だとポセ父さんは思います。里親になる人達は皆、真面目に犬を育てて行こうと思っているのです。そうした人達に犬を託す保護主や里親会のスタッフは深く犬や猫たちを飼育する事を考えねばならないのではないのでしょうか?。
犬とは?犬の幸せとは?是非是非考えていただきたいです。
人の為にも犬の為にもね・・・

ニックネーム ポセイドン at 20:56| Comment(5) | TrackBack(3) | 私の思うこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする